ドクター

失明の可能性が否めない緑内障は早期発見がカギ

目の健康は生活に大切です

女性

失明に繋がる疾患です

ライススタイルには様々な習慣がありますから、日常生活で不可欠な要素に大きな個人差は当然あります。ただし、健康状態に不具合があれば、誰もが快適な生活を営めない点では共通しています。そのため、多くの日本人は健康状態に配慮して、支障のない日常生活を希望しています。ただし、どれだけ注意していても、発症する可能性はあります。緑内障は視細胞や視神経に異常が発生して徐々に視野や視力が低下する眼病で、日本人が失明する最大の原因です。一般的に痛みはありませんが、行動を大幅に制限される恐れがあります。残念ながら、現時点で緑内障を治療する手段は開発されていません。ただし、予防や進行の抑制ができる場合はありますから、定期的な検診が大切です。

総合的な検査が大切です

眼の健康状態が悪化して視細胞の減少を招くと、緑内障は発症しやすくなります。眼内の健康状態を知る代表的な検査方法として、眼圧検査が挙げられます。目の内部で栄養を循環させる液状成分は、房水と言います。眼の内部に異常が生じて房水が蓄積すると、眼圧が上昇して周囲の細胞を圧迫します。圧力が継続すれば、損傷を与えやすくなります。つまり、眼圧検査は、異常を迅速に察知するために効果的です。ただし、近年の眼病研究から、眼圧に異常がなくても緑内障を発症する事例が数多く確認されています。したがって、眼圧検査だけでは、緑内障予防としては不十分であることが分かっています。そのため、眼圧以外の検査を定期的に受けて、総合的な健康状態の把握が大切です。

目の老化で起こる症状

ナース

飛蚊症は、視野に黒い点や浮遊物が見える症状をいいます。ほとんどの場合、老化やストレスが原因の生理的なもので、治療法はありません。しかしながら、網膜剥離などの病気が原因の場合があるため、原因をはっきりさせるために、眼科への受診がおすすめです。

もっと詳しく

眼科で症状を治そう

医者と看護師

視野の中に黒い点がある方や、虫のようなものが見える方は飛蚊症の可能性があります。目を動かすとそれらも動きますので、あたかも蚊が飛んでいるかのように見える症状です。心配する必要はありませんが、病的飛蚊症の場合、眼科で治療が必要です。

もっと詳しく

原因で対応が変わる眼病

男女

何を見ても同じような汚れが見えるならば、飛蚊症かもしれません。眼球の中にある硝子体の老化現象による生理的な飛蚊症には治療は不要ですが、眼病や他の病気が原因の場合は、手術などの治療が必要です。治療時間は短いので、日帰りも可能です。

もっと詳しく