眼科で症状を治そう|失明の可能性が否めない緑内障は早期発見がカギ
ナース

失明の可能性が否めない緑内障は早期発見がカギ

眼科で症状を治そう

医者と看護師

飛蚊症とは視野の中に黒い点や虫のようなものが見えることをいい、目を動かした方向に、黒い点や虫のようなものも一緒に動くので、それがまるで蚊が飛んでいるかのように見える症状が飛蚊症です。影の形は、ひも状なものやリング状のものまでいろいろな形があります。飛蚊症には主に2つの種類があります。治療が必要ない生理的なものと、治療が必要な病的なものです。生理的飛蚊症は、年を取るとともに目の中にある硝子体というゼリー状のものが濁りだし、ほぼ水分でできている硝子体が、目の内側の壁から剥がれ空洞ができるようになります。その空洞が影として認識されて飛蚊症の症状がでてきます。生理的飛蚊症は特に気にすることはありませんが、ひどくなると目の病気を引き起こす可能性がありますので、眼科などで一度検診することをお勧めします。

病的飛蚊症は、網膜に穴があいてしまう網膜裂孔、網膜が剥がれてしまう網膜剥離などの症状が出てくる初期症状のことで、視野が見えにくくなる症状が出てきます。適切な治療を行わなければ失明する可能性があります。また硝子体の中で出血した場合、初期症状が飛蚊症と似ていることがありますので、注意が必要です。糖尿病や高血圧や外傷などの影響によるものです。飛蚊症は老化にともなう生理的なものですので、特に心配することはありませんが、目の病気の初期症状である可能性もありますので、モノが霞んで見えたり、視野の一部が欠けて見えたりする場合、一度眼科へ診察してみてはいかがでしょうか。目の健康を維持するために、早期発見、早期治療が大切です。