原因で対応が変わる眼病|失明の可能性が否めない緑内障は早期発見がカギ
ナース

失明の可能性が否めない緑内障は早期発見がカギ

原因で対応が変わる眼病

男女

自然に任せるケース

ふと、目にゴミでも入ったのかと思って擦ってみても取れないし、どこを見ても同じような汚れが見えるならば、飛蚊症という眼病かもしれません。飛蚊症が発症するのは、主に眼球内にある硝子体の老化によるところが大きいです。硝子体は無色透明の柔らかなゲル状の物質です。紫外線などの光によるダメージでは、繊維組織が壊れることで、組織の一部が硝子体の中を漂うような形になります。硝子体自体が縮む場合は、歪な形に変わる際にシワのようなものができます。どちらも影が網膜を通して見えるようになります。他にも症例はありますが、これらはまとめて生理的飛蚊症として分類されます。自然的な老化現象であることから、基本的には治療はせずに経過観察にとどまります。

治療が必要なケース

生理的な飛蚊症に比べて、眼病や他の病気が原因で飛蚊症を発症した場合は、重症化しやすくなります。近年増えてきたのが、糖尿病による飛蚊症です。目の奥にある網膜には毛細血管が張り巡らされていますが、糖尿病になるとそこに新たな血管を作りだします。しかし、とても脆く切れやすい血管のため、何かの拍子に破裂するなどして出血すると、急性の飛蚊症を発症します。出血が多いと幕がかかったように暗くなり、視野が狭まるため、早急に治療をしなければなりません。軽度の場合は、レーザー治療で処置をします。網膜にレーザーを照射することで、血管が破れないようにしたり、余計な脆い血管を作らせないようにします。重度の場合は、まず手術をします。特殊な注射針のようなもので、出血した血液を回収します。その後でレーザー治療を施します。どちらの治療もそれほど時間がかからないので、様子を見て問題がなければ日帰りが可能です。色々なケースのある飛蚊症ですが、早めに対処するためにも、定期的な検査は欠かせません。