目の老化で起こる症状|失明の可能性が否めない緑内障は早期発見がカギ
ナース

失明の可能性が否めない緑内障は早期発見がカギ

目の老化で起こる症状

ナース

目の前に浮遊物が見えたら

目の前を黒い点のようなもの、虫や糸くずのような浮遊物が飛んでいるように見えることがあります。この症状を飛蚊症といいます。明るい場所ではっきりと見えやすく、視線を動かしてもその浮遊物は一緒に移動するというのが特徴です。眼科を受診すると、ほとんどの場合生理的飛蚊症といって、病気ではないので気にする必要はないといわれます。特に治療法もありません。老化やストレスによる影響が大きいです。しかしながら注意したいのは、病気が原因によって起こる飛蚊症の症状です。網膜剥離や網膜剥離の原因となる、網膜に穴が開いてしまったり、眼底出血などの病気によって飛蚊症の症状が出ることがあります。最悪の場合、失明の恐れもあるため注意が必要です。

対策方法は

飛蚊症になったときに大切なことは、まず何が原因かをはっきりさせることです。そのためにも、その症状が出たら、一度眼科を受診することがおすすめです。原因が病気からくるものである場合は、早急に治療が必要となるからです。特に、黒い点や浮遊物が急に増えたり、範囲が広がった、視力が急に低下した、視野が欠けているといった症状があらわれたときには、すぐに眼科を受診しましょう。また目の健康を守る対策方法としては、目に優しい栄養素を積極的に摂る、というものがあります。特にルテインは、野菜や果物、海藻などに含まれる成分ですが、紫外線による活性酸素から目を守ったり、光による網膜へのダメージを軽減させる働きを持つといわれています。飛蚊症治療の研究にルテインが用いられていることもあるようです。ルテインは目の病気の予防にもなるといわれており、サプリメントなどで栄養素を補うという対策もおすすめです。